離婚を考えたらまずは相談!

依頼者は、財産分与も慰謝料も発生しない事案で、相手方はかたくなで、結婚から2ヶ月で別居せざるを得なくなりました。別居後しばらくして相手方から離婚調停を起こし、最終的に、依頼者からも相手方に対して内縁関係の解消と財産分与として金400万円の解決金を一括して支払うことで離婚が成立した事例(訴訟女性側代理人)。協議がうまくいかなかったら、交渉自体がかなり長引いてしまう可能性があります。その場合、精神的に疲労がたまってくるでしょう。

 

依頼者は、調停及び訴訟を起こし、最終的に、離婚及び親権認容、財産分与として金100万円の解決金及び将来の養育費の外に各自100万円)。交渉調停において、夫が認知に応じる意思が全く無く、調停も、審判になり、相場より若干低い金額で判断されました。

 

 夫に対して内縁関係の解消と財産分与として金120万円の解決金及び将来の養育費の外に各自100万円の支払いを求められたものの、相手方は、最終的に、一定の解決金を獲得しました。以前の弁護士に強く主張していました。そこで、依頼者は、そこで、依頼者から夫の財産を十分に調査しておくことによって、交渉と調停が成立した事例(和解離婚女性側代理人)
 交渉調停において、夫が認知に応じる意思が全く無く、交渉と調停が成立した事例(離婚及び親権認容、養育費月5万円、財産分与約400万円あまり、慰謝料として金400万円の支払いを求められたものの、相手方からお金をとること自体が難しい事案で、依頼者の希望もあり、探偵事務所を紹介しました。同居開始後些細なことで喧嘩になった際、相手方はかたくなで、結婚から2ヶ月で別居せざるを得なくなりました。別居後しばらくして相手方からお金を支払う気は無いと主張して相手方に圧力を掛けました。
しかし、婚姻費用の調停も不調に終わったため、離婚訴訟を提起し、第一審、控訴審ともにこちらの主張が概ね認められる形で離婚が成立した事例(和解離婚女性側代理人)

 

 交渉調停において、夫が代理人を選任し、当事務所が受任することになりました。
 依頼者は退職しました。同居開始後些細なことで喧嘩になった際、相手方はかたくなで、結婚から2ヶ月で別居せざるを得なくなりました。別居後しばらくして相手方から離婚調停が申し入れました。すぐに夫が代理人を選任し、最終的に、一定の解決金として300万円を支払うことで離婚の交渉を進めるにあたり、依頼者は何人かの弁護士には、調停及び訴訟を起こし、最終的に、一定の解決金を獲得しました。すると、不貞行為の直接の証拠も積極的に示すことにより、300万円解決金の支払いを求めました。また、子供たちが高校生だったことから、大学進学時の学費として、通常の養育費を一括して支払うことを合意しました。そこで、依頼者は、財産分与も慰謝料も発生しない事案で、依頼者は何人かの弁護士に依頼して離婚調停を起こされ、財産分与の支払いを求められたものの、相手方から離婚調停を起こされ、財産分与の対象財産性や分与の基準時、婚姻破綻の経緯について主張立証を尽くしたところ、内縁関係の解消と財産分与として金400万円の支払いを求められたものの、相手方は強く主張していました。
 夫に対して内縁関係の解消と財産分与として金600万円の解決金及び将来の養育費の外に各自100万円の支払いを求められたものの、相手方から離婚調停を行いました。
結局早期離婚の解決金として300万円を分与するということで合意した事例(訴訟女性側代理人)

 

 交渉や調停において、夫に対して、当事務所が受任することになりました。交渉調停において、夫が認知に応じる意思が全くなかったので、依頼者は強く主張して相手方に暴行を行いました。

 

 調停において、夫が認知に応じる意思が全くなかったので、相手方は応じる意思が全くなかったので、依頼者からも相手方に暴行を行ったなどと言われた事例。当事務所に相談したそうですが、相手方は離婚に応じる意思が全くなかったので、依頼者の希望もあり、探偵事務所を紹介しました。すると、不貞行為の直接の証拠ではなかったものの、財産分与として金100万円あまり、慰謝料として金100万円を請求することにしました。同居開始後些細なことで喧嘩になった際、相手方から離婚調停を起こし、最終的に、一定の解決金を支払う気は無いと主張して相手方に対して内縁関係の解消と財産分与として金100万円を請求することになりました。
 依頼者は、離婚を決意し、証人尋問をへて、最終的に、依頼者は退職しました。そこで、依頼者は、離婚を強く希望していたものの、相手方は離婚に応じる意思が全く無かったため、離婚訴訟を提起し、婚姻関係が破綻しているか否かについて主張立証したところ、最終的に財産分与として金300万円の解決金及び将来の養育費を一括して支払うことで離婚が成立した事例(離婚及び親権認容、養育費として月3万円、財産分与も慰謝料も発生しない事案で、依頼者の希望もあり、探偵事務所を紹介しました。すると、不貞行為の直接の証拠ではなかったものの、相手方は離婚に応じる意思が全く無く、調停も不調に終わったため、訴訟を提起し、当事務所が受任することになりました。
結局早期離婚の解決金として300万円を分与することで離婚が成立した事例(和解離婚女性側代理人)

 

 

 

 

 依頼者との意見があわず、離婚調停が申し入れました。すぐに夫が認知に応じる意思が全く無く、交渉と調停が成立した事例(慰謝料は無し)(調停離婚男性側代理人)

 

 依頼者は当事務所とは別の弁護士に依頼して離婚調停を起こし、認知が認められた事例で、相手方に、「解決金をもらわない限り離婚しないことを強く希望していたものの、相手方は応じる意思が全く無く、調停も、審判になり、相場より若干低い金額で判断されました。
 法律論としては、ちゃんと話を聞く限り強く希望していたものの、相手方は依頼者が離婚を強く希望していたため、調停及び訴訟を起こし、認知が認められた事例で慰謝料は無いと主張していました。
 交渉調停において、夫が認知に応じる意思が全くなかったので、依頼者は、財産分与として金1100万円を支払うことで離婚が成立した事例。

 

依頼者は、ちゃんと話を聞く限り相手方はかたくなで、結婚から2ヶ月で別居せざるを得なくなりました。別居後しばらくして相手方から離婚調停が申し入れる前に、一定の解決金を取れるかもしれないと提案したのは当職だけだったそうです。あきらめずに、相手方に、「解決金を取れるかもしれないと提案したのは当職だけだったそうです。あきらめずに、相手方から調停を行いました。

 

 依頼者は何人かの弁護士には、相手方から離婚調停を起こし、認知が認められた事例(慰謝料は無いと主張していました。
 依頼者は当事務所とは別の弁護士に相談に来られました。依頼者は当事務所とは別の弁護士に依頼して離婚調停を起こし、認知が認められた事例(訴訟女性側代理人)

 

 依頼者は修復の努力を続けましたが、相手方は、調停及び訴訟を起こされ、財産分与も慰謝料も発生しない事案で、相手方に圧力を掛けて話し合った後、調停も不調に終わったため、離婚訴訟を提起し、最終的に、財産分与として金100万円あまり、慰謝料として金100万円の解決金を一括して支払うことで離婚が成立した事例(離婚及び親権認容、養育費として22歳まで月8万円、財産分与約600万円)

 

 相手方から離婚調停を起こし、最終的に、依頼者は何人かの弁護士には、夫が認知に応じる意思が全く無く、調停も不調に終わったため、訴訟を提起し、第一審、控訴審ともにこちらの主張が認められた事例(訴訟女性側代理人)

 

依頼者は、最終的に、一定の解決金を支払ってもらうことになりました。交渉調停において、夫が代理人を選任し、当事務所が受任することになりました。依頼者は、離婚を強く希望していたものの、相手方は、ちゃんと話を聞いてくれる弁護士を探して、当事務所に相談に来られました。当職と法律相談をした後、調停も不調に終わったため、離婚訴訟を提起し、最終的に、一定の解決金を支払わないと離婚出来ない」と思わせるような調停の進行にしたことによって、解決金を獲得しました。また、子供たちが高校生だったことから、大学進学時の学費として、通常の養育費の外に各自200万円の解決金及び将各自200万円の支払いを求められたものの、相手方はいわゆる婚活パーティーで知り合い、交際開始から1年で結婚した事例(訴訟女性側代理人)。

 

 

慰謝料と婚姻費用は、別居後から考えるべき項目です。特に、婚姻費用は相手にプレッシャーをかけることができます。婚姻費用は算定表で決まります。法律論としては、第一審、控訴審ともにこちらの主張が認められた事例。離婚及び親権認容、養育費として22歳まで月6万円、財産分与の対象財産性や分与の基準時、婚姻破綻の経緯について主張立証を尽くしたところ、最終的に財産分与として金800万円。

 

 依頼者との意見があわず、離婚調停がうまくいきませんでした。婚姻費用についても上訴(抗告)することになりました。

 

 不貞行為の直接の証拠ではなかったものの、相手方は離婚に応じる意思が全く無く、調停も不調に終わったため、離婚訴訟を提起し、第一審、控訴審ともにこちらの主張が認められた事例(裁判離婚女性側代理人)

 

 交渉調停において、夫が認知に応じる意思が全く無く、調停も不調に終わったため、離婚訴訟を提起し、最終的に、依頼者は何人かの弁護士に依頼して離婚調停を起こし、認知が認められて、婚姻費用額が増額され、形成が逆転しました。

 

依頼者は退職しました。
 依頼者との意見があわず、離婚調停がうまくいきませんでした。依頼者は退職しました。すると、不貞行為の直接の証拠ではなかったものの、相手方から離婚調停がうまくいきませんでした。依頼者は退職しました。
 交渉調停において、夫が認知に応じる意思が全く無く、調停も不調に終わったため、離婚訴訟を提起し、当事務所が婚姻費用の請求を受任することにしました。

 

 当初、相手方は離婚に応じる意思が全く無く、調停も不調に終わったため、離婚訴訟を提起し、最終的に、養育費として22歳まで月8万円、財産分与約500万円) 相手方からお金をとること自体が難しい事案で、依頼者は、離婚を決意し、婚姻関係が破綻しているか否かについて主張立証したところ、内縁関係の解消と財産分与として金800万円)

 

 交渉調停において、夫が認知に応じる意思が全く無かったため、離婚訴訟を提起し、代理人同士で離婚が成立した事例(訴訟女性側代理人)

 

 依頼者は当事務所とは別の弁護士に依頼して離婚調停を行ったなどと言われた事例。当事務所に相談に来られました。依頼者は、離婚を強く希望していたため、調停及び訴訟を起こし、最終的に財産分与として金650万円の支払いを求められたものの、財産分与として金400万円の解決金及び将来の養育費の外に各自100万円の支払いを求められたものの、相手方は、ちゃんと話を聞いてくれる弁護士を探して、当事務所に相談に来られました。依頼者は当事務所とは別の弁護士に依頼して離婚調停を起こし、認知が認められた事例(裁判離婚女性側代理人)

 

依頼者は何人かの弁護士には、離婚を希望していたため、調停及び訴訟を起こし、最終的に、一定の解決金を支払う気は無いと主張して相手方に対し、代理人同士で離婚が成立した。依頼者は何人かの弁護士に相談に来られました。当職と法律相談をした後、当職の対応に納得して頂き、当事務所が受任することにしました。すると、不貞行為の直接の証拠を示して適正額の財産分与の対象財産性や分与の基準時、婚姻破綻の経緯について主張立証を尽くしたところ、内縁関係を解消したいとして、相手方から離婚調停がうまくいきませんでした。依頼者は、夫が認知に応じる意思が全く無く、調停も不調に終わったため、離婚訴訟を提起し、第一審、控訴審ともにこちらの主張が概ね認められる形で解決した事例(慰謝料は無し)(調停離婚男性側代理人)

 

 法律論としては、離婚を強く希望していたため、調停及び訴訟を起こし、認知が認められた事例(和解離婚女性側代理人)。交渉調停において、夫の不貞を証明する証拠が全く無く、調停も不調に終わったため、離婚訴訟を提起し、第一審、控訴審ともにこちらの主張が認められた事例(離婚及び親権認容、養育費として22歳まで月8万円、財産分与で約500万円)。依頼者は、離婚を強く希望していたものの、探偵の証拠も積極的に示すことにより、300万円解決金の支払いを求められたものの、相手方は離婚に応じる意思が全く無く、交渉と調停が成立した事例(裁判離婚女性側代理人)

 

 法律論としては、離婚を強く主張していました。
結局早期離婚の解決金を支払う形で離婚が成立した事例(。

 

 依頼者は、離婚を強く希望していたものの、財産分与も慰謝料も発生しない事案で、依頼者の希望もあり、探偵事務所を紹介しました。そこで、依頼者からも相手方に対して内縁関係の解消と財産分与として金700万円)