酵素ダイエット ローフード

ローフードで行なう酵素ダイエットについて

ローフードというは、本来食物が持っているビタミンやミネラル、酵素などを効率よく身体に取り入れることを目標にした食生活をさします。 酵素が失われないとされている48度以下に限っては、熱を加えて調理を行なっても問題がないとされています。
熱を48度以上加えない調理方法で、果物や野菜、魚、肉を身体に取り入れる方法は、結果的に酵素を身体に存分に取り入れることができるため、酵素ダイエットと同じ食べ方と言えます。

ローフードの効果とは

ローフードで酵素を摂取すると、身体を活性化させる作用が期待できます。
ローフードを使用した酵素ダイエットを行なう場合は、急激に行なうのではなく、少しずつとりいれることがポイントです。
毎日全ての食事を変えるのではなく、何日かおきに置きかえるなど、急に身体に負担をかけないように気をつけましょう。
生の食材には触媒作用があるため、酵素を食事から摂取することで、身体の代謝をあげることができます。
酵素は吸収された栄養素を効率よく身体の中に活用することができます。
加齢や不規則な生活リズムなどで減少すると、体調が不良に感じる場合もあるため、野菜や果物を生食で補うことで、身体の巡りがよくすることがポイントです。
代謝が促進されてくると老廃物を体内にためにくくなり、健康的に痩せることができます。
酵素は、体内にもともとあるものですが、消化時などに食物でサポートをしてあげることができます。
食事を置き換える場合には、朝、身体にもともとある消化酵素を使用する前に摂るなどの工夫も良いでしょう。
また、生の食材には免疫力を増強する作用も期待できます。
フィトケミカルと呼ばれているもので、植物由来の抗酸化物質が本来身体が持っている免疫機能を回復させていきます。
インフルエンザをはじめウイルス感染を防御する期待が持てるほか、ストレスにも強い身体を目指すことができます。
アレルギーを持っている方や歯周病、皮膚の疾患、発ガン作用、腎臓病、心疾患、尿結石の予防にもつながるのが酵素ダイエットです。


生の食材を摂取するときのポイント
冷蔵庫などで冷やしすぎないことです。
冷たい状態のものを食べると胃の中の温度が一時的に低下してしまうため、常温で摂取することをおすすめします。
食べる際にはよく噛むことも大切です。
酵素の働きが高まると、整腸作用も期待できることから、便のにおいを和らげる作用もあります。
キャベツやセロリ、タマネギやスプラウト、大根や青じそ、バナナ、オレンジ、りんごなどは生のままで効果を実感できる食材です。